低体温や無月経にまでなってしまうと、残念ながら
体を普通の状態に戻すのに、かなり時間がかかることを
覚悟する必要があります。

低体温や無月経は通常、何ヶ月もかけて陥ってしまう
症状です。長い間の栄養の悪さ、カロリー制限、
また、それも極端なことをすることによって引き起こされた
結果です。

低体温は食事制限が原因で、体が食べ物を
エネルギーとして燃焼させるのを控えるように
なってしまったために起こります。

無月経は痩せすぎて脂肪細胞が足りなくなって
しまい、エストロゲンの分泌不足で起こります。

そして、低体温も無月経も太りやすい体質の
表れでもあります。できたら、こうなる前に何とか
もとに戻して欲しいのですが、

いったんこうなってしまったら、戻すのは可能なので、
しっかり食べていくしかありません。食べないことが
原因で起きたことは、食べて治すのが一番ですから。

あと、低体温も無月経も、極度のストレスが原因で
起こる場合もあります。あるいは、食事制限と重なって
起こることもあります。

もしストレスが原因ならば、それを取り除くのが
一番です。ストレスが原因なのに、食事を調整しても
的外れですし、無理に食事を調整すれば、
体までおかしくなります。

特に精神的ストレスの場合は、時間が解決する
場合もありますので、時間が過ぎるまで待つのも
ひとつの手ですね。


--- 食べても太らないシリーズ ---

■ 食べてやせる、5つの大きな理由

■ むくみの原因を退治し、代謝アップ!

■ 太らない食べ物・食べ方とは・・・

■ ギャル曽根、痩せの大食いの謎

■ 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる

■ 過食症を治す:過食が過食を生む




➡ 太らないダイエット・はじめに戻る