太るので食べるのが怖い


あなたが選んだ記事は太るので食べるのが怖いに関する内容です。
Search the Blog

「食べると太るから食べるのが怖い」・・・
ダイエッターなら殆んどがそう感じているのでは
ないでしょうか。私も以前その通りの恐怖で
いっぱいだったのでよく分かります。

でも、今思うのは、満足するだけ食べていて
それで維持できる体重というのが、まともな
体重だということです。

いいかえると、無理に食事制限して痩せても、
本当に痩せていることにはならないと思うように
なりました。

もちろん、一番いいのは、満足いくだけ食べて
しかも、あなたが希望するとおりに痩せていられる
ことですよね。

でも、満足いくだけ食べれば、体重がどこまでも
増えてしまいそう・・・と思うわけです。

ところで、前にもお話しましたが、今の食事内容では
太っても、全く別の食事内容に変えれば、カロリーは
大幅に増えても、ぜんぜん太らない、

あるいは逆に痩せる!という場合もあるので、
太るかもしれないとおびえる前に、一度太るかどうか
食べてみるのがよいのではないかと思います。

かなり数の方々が、痩せる体質なのに、太る体質
と思い込んでいるようですからね(笑)

「でも、本当に太ったらどうするのよ。んー??」

という質問もあるでしょう(笑)

そうですよね、確かに太る場合も大いにあるでしょう。

そういう場合は、どうしてもいやなら、また食べる量を
減らして痩せればいいですよね。あまりこういう言い方は
したくないのですけどね。

だけど、よーく見てみると、食べないで痩せたのは
偽者なんですよ。っていうか、食べて痩せた体とぜんぜん
違う。

食べないで痩せた体というのは、本当に危険です。

10代であっても、生理が止まってしまう。低体温に
なってしまう。つまり、代謝が大幅に落ち込んだ
状態ですよね。

生理が止まると、更年期と似たことが起こり始めます。

どういうことかというと、
● 老化
エストロゲンの低下によって、皮膚の活気が衰える

● 骨粗鬆症
骨がもろくなる。これはとても深刻なことです。

なぜかというと、骨は若い間しか増えないから。
若い間に骨がスカスカになれば、40代、50代で、
通常の場合の、70代以上のようになるかもしれ
ません。

● 太りやすくなる
エストロゲンの低下による。

● 生理が止まると子宮が縮むが、
食べないと縮むのは、脳も同じ。また他の
臓器も活動が不活発になったり、

栄養不足でダメージを受けたりします。

もう体全体が、しぼなえた状態、枯れたような
状態になってるんです。

若いうちは、見かけ上、あまりわかりませんけど、
このまま歳をとるにつれて、事態はどんどん
深刻になります。

同じ歳の人と比べ老け込み、健康も損なわれ
ていきます。

だから、体が要求するだけは必要量なので、
その分はしっかり食べるのがよいのです。

たとえ体重が増えても、太ってもね。

痩せたいなら、太ってもう一度正しい方法で
やり直せばいい。食べて痩せる方法でね。


--- 食べても太らないシリーズ ---

■ 食べてやせる方法

■ ダイエットとむくみの関係

■ 太らない食べ物とは・・・

■ ギャル曽根、痩せの大食いの謎

■ 痩せさせてくれる細胞の話

■ 過食症を治すコツとは

■ 過食嘔吐--治療の近道



太らないダイエットで痩せるための3つのポイント』に戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy