食欲抑制物質が脳で作られる


あなたが選んだ記事は食欲抑制物質が脳で作られるに関する内容です。
Search the Blog

食欲を抑えてくれる物質があなたの脳の中で作られています。

名前はヒスタミンというたんぱく質。 これが脳の中に多いと、

満腹感」が増し、あなたの食欲が低下していきます。

.

ということは、ヒスタミンを脳がたくさん作ってくれれば、

あなたはそんなに食べたい衝動にかられずにすみますね。

.

そのためには、あなたはヒスチジンという必須アミノ酸

体内に摂取してやる必要があります。イワシなどの魚に

比較的多く含まれるもの。

.

ヒスチジンは体内で 「histidine decarboxylase という酵素」に

よって、ヒスタミンへと生まれ変わります。 あなたも知ってる

唾液の中にあるアミラーゼも酵素の一つです。

.

同じ酵素でも、アミラーゼとhistidine decarboxylase

役割は全く異なります。方や炭水化物の分解、そしてもう一方は、

ヒスタミン生成という大変重要な機能を果たしているのです。

.

「酵素」で重要なことは、アミラーゼにヒスタミン生成はできないし、

histidine decarboxylaseにたんぱく質分解作用はできない

のです。それぞれの酵素が体内に存在し、ちゃんと働いて

くれないと困るわけですね。

.

だから、イワシなどを食べて、histidine decarboxylaseが

欠乏しないようにしましょう。

.

それから、ヒスタミンが脳内でちゃんと食欲を抑える働きが

発揮できるために、重要な条件があります。それは

次の話題は  ヒスタミンを働かせるために重要なこと

.


--- 食べても太らないシリーズ ---

■ 食べてやせる方法

■ ダイエットとむくみの関係

■ 太らない食べ物とは・・・

■ ギャル曽根、痩せの大食いの謎

■ 痩せさせてくれる細胞の話

■ 過食症を治すコツとは

■ 過食嘔吐--治療の近道



太らないダイエットで痩せるための3つのポイント』に戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy